DVDコピーの基礎知識

あなたはDVDコピーをしたことがありますか。
今回はDVDコピーについての基礎知識に付いて説明していきます。
DVDコピーの基礎知識として、コピーを行なう前に、ディスクの特徴やコピープロテクトやPC環境について紹介します。
コピーガードプロテクトについて
一般的に売られている音楽CDや映画DVDなどのほとんどは、そのままではコピーすることができません。
その理由は、市販のディスクにはそれぞれ複製防止のコピーガードというプロテクトがかけられているためです。
このコピーガードのプロテクトの種類はさまざまで、現在1つのソフトでこれらすべてに対応したコピーツールはいくつかありますが、完全にすべて対応できるところまではいけていません。 
バックアップ元の形式、ファイルサイズなどの情報を初めに確認しておく
コピーで失敗しないための準備として、まず初めにコピー元のディスクの形式や、ファイルのサイズ情報を把握しておきましょう。

その確認方法としては、バックアップ元のCDやDVDなどパッケージに表記された情報を表示することで確認することができます。
他にはソフトを利用した確認方法もあります。
例えば音楽や映画DVDならば1層式と2層式のものがあり、そのファイルサイズは大きく分けて片面1層と片面2層と異なります。
2層式のDVDはファイルサイズも多く元ファイルサイズの違いによっては、後々リッピングしたデータの書き込みを行う場合があるので覚えておいてくださいね。DVDコピーでお悩みなら日本ビデオサービスディスクズへご相談ください。きっとあなたの役に立つはずです。
あなたはDVDをコピーしたことがありますか。
今回はそのDVDコピーの価格について紹介します。
DVDマスターからDVDをコピーする料金
まずはじめにDVDマスターとは、VHSテープ、miniDVテープなどの各種類の映像データをDVDにうつし、最初の1枚目を作成したもののことをさします。
収録時間や枚数によって料金は変化します。
まず60分のテープの長さで1枚から3枚までは486円、4枚から50枚までが410円、50枚から200枚までが356円、200枚から400枚までが302円になっています。
sgdry
次に120分までのテープの長さでは1枚から3枚までは648円、4枚から50枚までが540円、50枚から200枚までが475円、200枚から400枚までが335円になっています。
基本的に1枚あたりのDVDコピー料金で、DVD-Rディスク代も含まれ、メディア持込みの場合は上記価格より安くなることが多いです。
ここで注意しなくて引けないのが、法律の改定もあって私的利用であっても著作権のあるDVDのコピーはやってはいけないことになりました。
そのため、今まではやっても良かったことがこれを機に違法になってしまったため、法律に反することがないよう気をつけてください。
あなたも押し入れやタンスにしまったままの思い出のテープをこの機会に掘り出してみてはいかがでしょうか。
そして、もう一生見ることの無かったであろう昔の思い出にもう一度浸ってみてはいかがですか。

更新情報

●2015-01-23
DVDコピーの基礎知識の情報を更新しました。
●2015-01-23
DVDコピーをする上で知っておくべきことの情報を更新しました。
●2015-01-14
DVDコピーの大まかな流れの情報を更新しました。
●2015-01-14
運営者情報の情報を更新しました。
●2015-01-14
DVDコピーの相場の情報を更新しました。
△PAGE TOP